徹底リサーチ☆東京の前撮り6業者

雨の日の東京での前撮りには雨だからこその幻想的な雰囲気が活かせる

ホーム > 前撮りのお得情報~東京編~ > 雨の日の東京での前撮りには雨だからこその幻想的な雰囲気が活かせる

雨の日の東京での前撮りには雨だからこその幻想的な雰囲気が活かせる

東京のフォトスタジオに依頼をして結婚式の前撮りをすることになったら、スタジオ内だけではなく、ロケーション撮影をすることも可能です。
外で撮影をすることになるのがロケーション撮影ですから、撮影当日の天気は気になります。
晴天であれば嬉しいですが、時として雨になることもあるので、雨の日にはがっかりするかもしれません。
ですが雨の日だからこそ使える、レイングッズを活用した楽しい前撮りをすることが出来ます。
雨の日といえば傘であり、素敵なウェディングドレスとタキシードを着て、カラフルな傘やデザインが活かしている傘などを使っての撮影も素敵です。
天から降り注ぐ雨は幻想的ですから、その効果を写真撮影に活かさない手はありません。
また足元にできる水たまりも、2人を水面に映すので素敵なフォトになるので利用ができます。


結婚式当日にはウェディングだけということもありますが、お色直しをしてカラードレスを着用することもあります。
とはいっても結婚式で着用をするドレスには限りがありますが、花嫁たちのドレスを着用したプリンセス願望を叶えるためには、前撮りでのドレスの着用がぴったりです。
自分で選び気に入ったドレスを結婚式当日に着用をするものの、もっと様々な種類のドレスを着てみたいなら、前撮りでその願いを叶えることが出来ます。
前撮りでは花嫁の着用をするドレスも靴も自由ですから、挙式当日に選ぶには躊躇をしそうなデザインやカラーでも、問題なく選ぶことが出来ますし、ドレスだから足元はヒールという決まりもありません。
数種類のドレスで撮影をすることが出来ますし、ドレスにスニーカーやブーツを合わせても良いので撮影は楽しいです。


いくつものプランを用意しているのが東京での前撮りですが、基本的な項目はさほど変わりがありません。
前撮りのための撮影料金をはじめ、カップルが撮影の際に着用をする衣装、それに伴う小物も含まれます。
プロのカメラマンの撮影には、プロのヘアメイクで臨みますので、プロによるヘアメイク代金に、写真のデーター代金も必要です。
あまりにも安いプランを選択すると、1枚分だけの写真データーしか受け取れないとか、撮影後にデーターをもらえないということもあります。
費用面はできるだけ安く抑えたいとしても、データーがあることで焼き増しなども自由にできますので、データーはもらえるプランかの確認をすることは必要です。
もしも写真データーがセットになっていないと、焼き増しの際には追加料金が発生することもあります。

次の記事へ

TOPへ戻る